カリビアンコムは30代三十路AV女優の無修正動画をスマートフォンで配信

四十を過ぎると、女であることを諦めなくちゃならないような風潮が世の中にはあります。AV女優も、自分が四十を過ぎるまでは「オバサンになってまで、恋愛やエッチなことに執着して見苦しい姿をさらすのはちょっと……」と思っていました。 でも、そうはうまくいかないものです。四十歳を過ぎたからといって、急にエッチな欲望や、女として扱われたい気持ち、カリビアンコムからホメられたいという気持ちが全部枯れてなくなるわけではありません。 幸いというか、AV女優はわりと童顔なほうで、肌も日ごろからていねいにお手入れしてきた甲斐があってか、四十を過ぎても「三十歳ぐらいですか?」と聞かれることが多く、四十七になったいまでも三十代に見られることが少なくありません。会社に勤めているせいもあって、服装もあまりオバサンっぽくならないよう気をつかっています。 デパートやブティックでお買い物しているときなど、若い男の店員さんに「お若いですね」とホメられていい気分になったりすることもありますし、近所の奥様方から「カリビアンコムさんは肌がきれいで本当にうらやましい」なんて言われるのはうれしいし、この年齢にしては十分すぎるくらい恵まれてるとは思うんですけど……。 ただ、やっぱりホメられるだけじゃダメなんです。もっと「女」として、カリビアンコムから求められたい……。そんな気持ちが込み上げてくるのはどうしようもありません。いま、AV女優には秘密の楽しみがあります。それは、通動電車で痴漢にあうことです。 痴漢なんて、女性は普通いやがるものでしょうし、AV女優も最初にさわられたときは「何考えてるの、この人!」と頭にきたり、怖くなったりしたものでした。若いころはいやでいやでたまらなかったのに、年齢を経て余裕ができたせいなのか、本当は、自分ではあまり認めたくないのですが、カリビアンコムとの接触に飢えているせいなのかもしれません。最近では電車で痴漢にあうのが楽しみでたまりません。 痴漢してくる人は、だいたい決まった顔ぶれのようです。恥ずかしくてハッキリ顔が見えないので、なんとなくの感じでしかわかりませんが、同じ人のときもあれば、違う人のときもあります。 AV女優は同じ人がさわりやすいように、毎日乗る電車も、車両も決めています。電車を待って並んでいるときから、痴漢らしき人が後ろに並んでいるときもあって、そんなときは電車に乗る前から興奮してしまってたまりません。電車に乗って、さりげなく、たまたま当たったふうにして手の甲が押しつけられてくると「あ、来たな」と思います。たいてい、痴漢はそういうふうに偶然を装ってふれてみて、いやがる様子がなければ「これはさわってもいい女だ」と判断するみたいです。

カリビアンコムでのVプリカの使い方と入会の詳細はコチラ

カリビアンコムは30代三十路AV女優の無修正動画をスマートフォンで配信” への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です