カリビアンコムはAV女優の痴漢無修正動画を有料で配信

なので、AV女優は手の甲がお尻にふれた瞬間、ジーッとして身動きしないようにします。そうすると、一度手が離れた後、今度は手のひらがお尻に押し当てられます。それでもいやがらずにいれば、相手も「大丈夫」と判断するらしく、今度は大胆にお尻をなで回してきたり、お尻をムギュッともんできたりします。 たいていの痴漢は捕まるのが怖いのか、そのくらいで終わるのですが、ときどきちょっとスゴイ人もいます。 一度、膝丈ぐらいのフレアスカートをはいていたときのことです。いつものようにお尻をさわられ、ジッと動かないでいたら、その痴漠はスカートのすそをうまくたくし上げて、なんとスカートの中にまで手を入れてきたのです。パンティの薄い生地の上からお尻をさわられ、服の上からとは全然違うその感触にドキドキして声も出せずにいると、今度はパンティの騨の部分から手を入れられ、お尻をじかになで回してきました。 思わず喘ぎそうになるのを必死でこらえ、周りの人に呼吸が荒くなっているのがばれないかと不安になりながらも「これから何をされるのかしら」という期待感が勝って、体をよけることができません。 カリビアンコムはAV女優のことを「さわられたい女」と判断したらしく、もっと大胆な行動に出てきました。パンティの中に指を入れ、いちばん敏感な部分をさわってきたのです。思わず下半身がピクンと震えました。予期していたこととはいえ、実際にさわられてみると、想像していたのの何十倍も感じてしまい「ンハアッ」と思わず息が洩れたほどです。指の感触で、自分がトロトロにぬれてしまっているのがわかりました。そのまま、次の駅に着くまでの間、指でアソコをクチュクチュとかき回され、電車の音でかき消されて聞こえるはずもないのですが、AV女優はそのクチュクチュという音が周りの人に聞かれないか不安で、恥ずかしさで全身から汗が噴き出るようでした。 膝をガクガクさせながら電車を降りてお手洗いに入ると、AV女優の下着はお漏らしでもしたかのようにグッショリぬれていました。ぬれたアソコをふき取るだけでも感じてしまいティッシュでぬぐいながら思わずのけぞってしまったほどです。 このことがきっかけで、AV女優はよけいに痴漢にハマってしまいました。ふだんは仕事柄パンツスーツが多いのですが、それもお尻のラインが出るピッタリした形のものに変えてみると、服の上からでもお尻の割れ目のほうにまで指が仲びてきたり、服の上からアソコをなぞられたりすることが多くなってきて、そんなことをされるとパンティからしみ出るほど濡らしてしまうのでスーツの股間に変なシミがついてしまい、クリーニングに出すとき恥ずかしくてたまりません。生理の前など、特にムラムラしてさわられたい気分が高まっているときは、フレアースカートやお尻の形がクッキリ出るタイトミニで出勤することが多いです。

カリビアンコムでのVプリカの使い方と入会の詳細はコチラ