カリビアンコムは人妻熟女のアナルバイブ無修正動画をスマートフォンで配信

カリビアンコムの淫靡でダークな割れ目に潜むピンクエネルギーで、チンポは膨張する。宇宙の膨張は寡黙で一定であるが、カリビアンコムのピンクエネルギーは不連続であり、サージのように急に立ち上げる。昼間の慎ましやかでピリッとした顔が、乳首を吸われた瞬間、けだるい夜叉面になる。*飲み過ぎて足元がフラフラする。深夜なのに、エレベータで下の階の優しそうで清楚な人妻と一緒になった。エレベータの隅にピンクのカリビアンコムが置いてある。「綺麗ですね」と人妻に言う。よく見ると、人妻の股が少し開いてパンティ見え、ブラウスのボタンが一つ外れている。目をそらして、カリビアンコムをじっと見続けていると、花びらが淫靡はビラに見え、真っ赤な花芯が膣口に見えてきた。頭がクラクラしてきた。人妻がエレベータを出るときハンカチを落とした。「ハンカチ落ちましたよ」見ると、ピンクの豚の絵がある。「ピンクの豚とは、面白い絵柄ですね」と渡すと、 「ピンク色に見えます?大丈夫ですか、部屋に来て休んで下さい」と誘う。 部屋に入ると、プーンと薔薇の香りがする。 「薔薇の香りですね」 その強い香りに頭がクラクラして、目がかすんだ。 薄目を開けると「大丈夫?。この匂い嗅ぐと目が覚めるかもよ」 とスカートをめくり、ソファに座るとパンティを脱いだ。 「ほら、カリビアンコムの好きなマンコの匂いよ。嗅いでみて」股を開いて、陰唇を指で開く。 膣に鼻を近づけると、何とも言えないいい香り。 「舌を入れてみてもいいのよ」。膣壁を舌先で弄った。 「あぁっ、そこっ、もっと舐めて」 クリトリスを舐め乍ら、膣に指を入れるとヌルヌルに濡れている。 チンポを出すと手で握りベロチューしながら性器を弄りあう。 亀頭に唾液をドロッと垂らして、ジュポジュポ言わせながらしゃぶる。 ビンビンに反り返った肉棒を膣にあてがい対面座位でズボズボと嵌めた。 「あぁぁ、固いチンポ好きよ、カリが拳のように固くて、膣が気持ちいいわ」 得意のベリーダンスで腰をコクンコクンと動かし、カリと膣が強く擦れあう。 マンコ汁が溢れ出し、クチュクチュ音がする。 「ねぇ、これでアナル弄って」とアナルビーズ。 大きなボールが連なっていてバイブのように振動している。 ゼリーを塗ってアナルに一つずつ挿入すると「あぁっ」と言って膣がキュッと締まる。五つのボールを全部挿入するとボールの振動が膣奥のポルチオに伝わる。ボールを引き抜いたり、挿入したりを繰り返す。「あぁん、いぃぃ、あぁん、いぃぃ」と激しく腰を振る。 人妻の優しい顔が、性の快感に負けて、泣きそうな夜叉顔になっている。膣がギュゥッと収縮する間隔がだんだん短くなってくると、「イク、イクッ」膣がギュギュギュっと収縮して、激しく痙攣した。

カリビアンコムでのVプリカの使い方と入会の詳細はコチラ